ティアラの着け方

ティアラの付け方

「ティアラを着けたいけど、普段着けないからどうやって着けるのか分からない・・・」
と疑問が出てきますよね。
ヘアメイクさんにお任せすればきちんと着けて下さいますので花嫁様は何もご心配要りません。

当店はどんな頭部の形・大きさにも、また多様化する様々なウェディングヘアスタイルに合わせられる様に、
あえてコームがないティアラを多数扱っております。
逆にコームがない方が着けやすい・フィットしやすいと判断したティアラは、
当店オリジナルであえて職人さんにコームなしで製造して頂いています。
コームがないと不安に感じられるかもしれませんが、店長の結婚式現場経験でも、
また元同僚のヘアメイクさんも、コームなしティアラをきちんと着用された花嫁様を数多く担当しております。
どうぞご安心下さい。コーム有無にこだわらず、デザインや大きさでお選び下さい。

ご自身で着けられる場合は、コームなしティアラの着用は難しくございませんが、ちょっと不安だな・・・
という方はコームティアラがお勧めです。またコンテストもコームティアラが良いです。
ティアラの様に土台ではなくコームで支えるアイテムですので、お好きな位置に着けて頂けます。
何かご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

ティアラの付け方

ティアラの付け方
ティアラの付け方

セットした髪に土台を挿入して、土台にUピン等のヘアピンを複数挿して固定します。
また、土台の両端に輪っかが付いていますので、ヘアスタイルによってその輪っかにもヘアピンを挿します。
土台が髪に隠れ、飾り部分が前に来る状態になります。
(ヘアメイクさんやヘアスタイルによっても方法は多少変わりますので、
基本的にはヘアメイクさんにお任せして下さい。)
着ける位置によって雰囲気が変わります。
頭部の前方・中央・少し後方と、お客様やドレスに合う位置を色々試してみて下さい。

右上の写真は土台が髪に差し込まれ隠れています。
主に矢印部分にUピンを挿します。(目立たない部分に挿して行きます。)

コームティアラの付け方

コームティアラの付け方
コームティアラの付け方

小さめのティアラをお探しの方はこちらがお勧めです。
セットした髪にコームをそのまま挿せばOKです。
目立たない部分にヘアピンを挿すと、より安定します。
(ヘアメイクさんやヘアスタイルによっても方法は多少変わりますので、
基本的にはヘアメイクさんにお任せして下さい。)
ティアラに比べて横側の装飾がない分、シンプルさが出て参りますので、よりシンプル感を出されたい方、
ご自身で装着される方は、コーム付きがお奨めです。
着ける位置によって雰囲気が変わります。
頭部の前方・中央・少し後方と、お客様やドレスに合う位置を色々試してみて下さい。

右上の写真はコームが髪に差し込まれ隠れています。
(目立たない部分にヘアピンを挿すとより安定します。)

クラウンの付け方

クラウンの付け方

クラウンは、土台に丸い輪が付いていますので、
輪や土台黒ゴムを付けます。(左写真は一例)
セットした頭にクラウンを乗せ、 ゴムにヘアピンを沢山挿し、固定して行きます。
(C-02(フラワークラウン)には丸い輪は付いておりません。
モチーフに直接ゴムを付けるか、ゴムは使用せずそのまま ピンを挿し装着します。)
(ヘアメイクさんやヘアスタイルによっても方法は 多少変わりますので、基本的にはヘアメイクさんにお任せして下さい。)

*それでも心配・・・ティアラが外れたりしませんか?

皆さまご心配される項目ですが、ご自身で着けられる方以外は気になさらなくても大丈夫です。
プロのブライダルヘアメイクさんであれば、きっちり固定してくれますので心配いりません。
例えば、結婚式当日ちょっと風のある日になりました!
そんな時はいつも以上にヘアアクセサリーやベールをきっちり着けて、
ヘアメイクさんはアクシデントのない様に美容のお仕事に徹されています。
よっぽど頭を振り回さない限り?!外れることはございませんのでご安心下さい。
ティアラを着けて踊る様な場合は、ヘアメイクさんにその旨伝え、少し固めに着けて頂くと良いですね。